ENTREP

イベント報告: Building From Scratch

[イベント報告: Building From Scratch]

Writer: Nicolas Correa (ENTREP writer) 

 

Note to readers: 以下の記事で利用した片木さんの引用文は、英語を日本語に意訳したものです。

 

f:id:ENTREP:20210428213433j:plain

 

2021年4月7日に学生団体ENTREPとKenja株式会社の第二回目のオンラインイベントBuilding From ScratchがAirmeets上で開催されました!今回のイベントは、Kenja株式会社のCEOを努めている片木利彦(Ted Katagi)さんに、ビジネス世界での経験と起業することにあたって重要な行動について語っていただきました。国際基督教大学 (ICU)の学生とICU外の学生を含めて35人以上の方が参加しました。

 

このイベントでは、総じて片木さんの講演、質疑応答の時間、ネットワーキングセッションが行われました。講演では、片木さんが持つ人生設計であり、起業家精神に対するバリュー(5P: Passion, Purpose, Partners, Plan, Persistance)と起業する時に考えるべきことについて話してもらいました。ネットワーキングセッションでは、Airmeetsの特徴を活かし、学生さんがインターネット上の複数のバーチャルテーブルを自由に回ることで、参加者同士の会話、新しい出会い、そしてゲストスピーカーとの会話が充実する環境ができました。

 

起業家とCEOである片木さんは、IBMでEnterprise Salesの役割としてキャリアを始めました。その後、AirTouchのDirector of Strategy、ボーダフォン日本法人のチーフ・マーケティング・オフィサー、ボーダフォン日本法人のコマーシャル・ストラテジーのグローバル・ヘッド、Picsel SoftwareのCOOなど、さまざまな役職を歴任してこられ、経営者として20年以上の経験を重ねてきました。

 

しかし、2011年に、48歳の片木さんは起業しました。子供の頃から起業する夢を持っていて、片木さんはその夢を「North Star」と名付けています。そのNorth Starを達成するために、5Pというバリューがあるのです。このバリューはPassion(情熱)、Purpose(目標)、Partners(仲間)、Plan(人生の計画)、Perisistence(永続性)というものを含みます。

 

f:id:ENTREP:20210428213717p:plain

 

片木さんの講演ではPassion(情熱)が重要な概念の一つでした。片木さんは、日本人が仕事場でPassionを活かせていないという声が多いことに対して、非常に残念だと感じており、日本じに見られる生真面目さや完璧主義的な傾向を最大限発揮するためにも「仕事にそれほど時間を使うなら、それを楽しむべきではないか?」と参加者に問いかけていました。

 

PassionはPurpose (目標)という長期的な目標に関連します。「Purposeと5全体に対してなにより大切なことは、人は生きる意義を持つべきということです。誰もが世界に貢献できる特別なものを持っています。それを見つけて、そして表現する方法を探してください。」と片木さんは述べていました。人は自分のPassionを知ることよりPurpose を知ることの方が困難である。そのため、まずPassionを理解し、そのPassionをもとにPurposeについて考えることを勧めていました。すなわち、自分が持っている色々な情熱や興味を認識した上で、それらのがどうキャリアや長期的な目標に繋がるかを考えるアプローチを提案していました。

North Starである夢を成し遂げるためにはPartners(仲間)も必要だと片木さんは述べていました。「あなたが会いたい5人のメンターは誰か?…そして、そのメンターたちのためにあなたは何ができるか?」片木さんによると、メンターを探すときは、自分だけではなく、メンターに対してできる価値提供も考えることが理想的な関係であるそうです。

 

4つ目のバリューはPlan(人生の計画)です。Planに関して片木さんは、Plan が最初から完璧なものではなくて良いということを重視していました。「ほとんどの人は一週間の旅を計画します。けれど、人生すべては計画しません。これは本来は逆なのではないでしょうか?旅が長いほど計画がより必要になるのではないのですか?問題は、これが難しすぎると感じてしまうことです…Planは最初から正しく作れるものではありません。ただ、曖昧な気持ちを持ちながらも、とりあえずPlan を作りましょう。」

 

Peristence (永続性)については、片木さんは、定期的に目標を頭の中でイメージ化することがとても重要だと述べていました。「そして本当にPurpose を達成したいのであれば、毎日10分間だけでもPurposeについて考えるという約束をしてください。この方が3年に一回、一週間かけて考えるより良いです…毎日常にPurposeについて考えていると…かなりフォーカスできます。」と片木さんはいいました。

 

f:id:ENTREP:20210428213750p:plain

講演の最後は起業する上での具体的なHow Toとして、最初の数ステップについても話がありました。実際に、どのような観点や基準をもとにビジネスを考えればいいのか、内容も自分が好きなものや情熱を持って継続してできるものであるべきだと話されていました。

 

これらの5Pを理解、実現することが、起業するというチャレンジに向き合うための基礎の一部になります。私達ENTREPは、皆さんが5Pを理解するところでとどまらず、行動することを願っています。行動することで初めて5Pの意義を実感することができるとも言えるでしょう。ぜひ、「完璧」を最初から求めず、North Starに向かって、一歩踏み出してみてください。


ENTREP Instagram: https://www.instagram.com/entrep_icu/

イベント報告: Your Map and Compass

[イベント報告: Your Map and Compass]

Writer: Nicolas Correa (ENTREP writer) 

 

学生団体ENTREPと株式会社KENJAのオンラインイベントYour Map and Compassが2021年3月11日にAirmeets上で開催されました!

 

Kenja株式会社は2011年に設立されたソフトウェア会社であり、ビジネス支援に特化したコンテンツマネジメントシステムを提供しています。日本では異彩を放つ新興企業であり、海外でも存在感を増しています。最近では、ブロックチェーンを活用することで、さらなる成長を遂げています。

 

このイベントは、ゲストスピーカーさんのプレゼンテーション、Q&Aセッション、ネットワーキングの時間に分けられ、起業家精神について話を聞くだけでなく、参加者同士のコミュニケーションやKenjaの方との話し合いができる場となりました。

 

f:id:ENTREP:20210330200904j:plainf:id:ENTREP:20210330203537p:plain

今回は、Kenja株式会社でBusiness Development Managerを努めている深沢朋樹さんがゲストスピーカーとして、彼の人生の背景、メンターシップ、起業家精神、そして有意義な人生を生きるために必要なバリューについて話していただきました。

 

深沢さんは1年前にKenjaでの活動を開始し、人とのつながりやビジネス上のつながりを大切にしたいという自分の情熱を、Kenjaでさらに発展させています。また、Kenjaに加えて、Japan Market Expansion Competitionに参加することで、ビジネススキルを高めています。

 

f:id:ENTREP:20210330200840p:plain

深沢さんに説明していただいたバリューは5Pといい、Passion(情熱)、Purpose(目標)、Partners(仲間)、Plan(計画)、Perisistence(永続性)というものを含みます。今回はこの5Pの意義を参加者に共有してもらいましたが、Kenja自体も5Pを会社内のメンバーに5Pを理解してもらうことにより、企業としての使命、メンバー個々人の目標を尊重すること、をなしとげることができるという価値観を持って動いています。

 

5Pは、個々人が自分の夢、目標を達成するにあたって、興味や情熱を持ってできることに対しての自己分析、自分がもつ目標の認識、目標達成に繋がる仲間づくり、目標への計画、そして永続性をもって常に努力すること、を指しています。

 

この5Pの一つのPartnersに関して、深沢さんは積極的にチャンスをつかむことが重要だと述べていました。なぜなら、私達のコミュニティーには私達を支援してくれるメンターがたくさんいるにもかかわらず、多くの人はメンターに伺おうとも、メンターとなって欲しいと直談判をしないために、チャンスを掴めないで終わってしまうのです。目標を達成するために、仲間づくりに成功するためにはまずは「聞くこと」が非常に大事になるとのことです。「私が会いたいメンターはどういう業界で働いていて、その方にどう会えるのだろう?」という質問を考えることもメンターに出会うための一歩だそうです。

 

深沢さんのプレゼンテーションの後に質疑応答の時間が設けられました。さらに、質問のあとに行われたネットワーキングセッションでは、参加者は学生同士の会話に加えて、深沢さんやKenjaの社員達との話をする環境を活かして話し合いを深めていました。

 

イベントを振り返り、参加者からはポジティブな意見がたくさんありました。ある参加者からは、「非常に啓発的な話で、具体的な長期計画を立てたくなりました」という声があり、別の参加者は、すでに5Pを計画し始めていると述べていました。さらに、今回使用したAirmeetという会議用アプリケーションは、非常に使いやすく、他の人との交流に最適だと評価されました。

 

ぜひあなたの目標達成に向けて最初の一歩を踏み出してみてください!



ENTREP Instagram: https://www.instagram.com/entrep_icu/

Event Report: Building From Scratch <Kenja Corp. collaboration>

[Event Report: Building From Scratch]

Writer: Nicolas Correa (ENTREP writer/Event Manager) 

 

In ENTREP’s second collaboration event with Kenja, participants had the opportunity to hear the CEO of Kenja, Ted Katagi, discuss his journey in business and share his views on how one can become a successful entrepreneur. The event was held on Airmeets on April 7th, 2021, and welcomed an enthusiastic group of over 35 participants from inside and outside the International Christian University (ICU) community.

 

f:id:ENTREP:20210428213433j:plain

Guest speaker, Mr. Katagi.

 

The event consisted of a presentation by Mr. Katagi about the fundamentals of the entrepreneurial mindset and the first steps of starting one’s own business, a general Q&A session, and a post-event networking session, in which students could move around freely between different virtual tables in order to chat, make new friends, and ask further questions to the guest speaker. 

 

Mr. Katagi, despite being an entrepreneur and CEO, did not start his career as an entrepreneur. His career in business began in Enterprise Sales for IBM, and he subsequently assumed a variety of positions, including Director of Strategy for AirTouch, Chief Marketing Officer for Vodafone Japan, Global Head of Commercial Strategy for Vodafone Japan, and COO of Picsel Software. He has 20 years of experience as an executive. 

 

Yet, at the age of 48, Mr. Katagi returned to fulfilling his childhood dream by starting his own company, Kenja, which was founded in 2011. For Mr. Katagi, starting his own business was his purpose, or “North Star”. He encourages us to follow our own North Stars, which we can achieve through understanding and living out the 5Ps. These include Passion, Purpose, Partners, Plan, and Persistence.

 

f:id:ENTREP:20210428213717p:plain

Mr. Katagi explains the 5Ps.

 

Passion was a core concept in Mr. Katagi’s presentation. He emphasized how it is unfortunate that many people in Japanese society do not find Passion in their work. “If you’re going to spend that much time at work, then shouldn’t you enjoy it?” Mr. Katagi said.

 

Passion ties into Purpose, which is a more long term goal. “The most important thing about purpose and the 5Ps is that you should have a reason to be here. Everyone has a special thing that they can contribute to the world. Find what that is, and then find a way to express that,” Mr. Katagi said. Mr. Katagi recognizes that Purpose is more difficult to grasp than Passion, and he therefore encourages people to find their Purpose in light of the hints they receive through understanding their Passions first.

 

Mr. Katagi shared that achieving one’s North Star requires us to seek Partners. He raised a practical approach to seeking Partners when he stated, “I tell my students...Who are the five top people that you want to meet?... If you do that, then the next thing is what can you do for them?” According to Mr. Katagi, it is a good idea to “think of a win-win” when approaching a mentor. 

 

f:id:ENTREP:20210428213750p:plain

Mr. Katagi also presented on building a successful business.

 

The fourth principle in the 5Ps is Plan. A key idea that Mr. Katagi highlighted regarding Plan was that a Plan does not have to be perfect from the beginning. He stated, “Most people are going to plan a trip for one week. But they’re not going to plan their life. Isn’t that almost reverse? A longer the trip is don't you have it planned a little bit more? The problem is that people think it's too difficult… The plan is not something that you're going to have correctly the first time. You’re just going to try to do a plan, try to stay loose on it, but have a plan.” 

 

Mr. Katagi also spoke on Persistence throughout his presentation. He spoke of the importance of not only reflecting on one’s passion, but also the power of putting the image of the goal in one’s mind. He stated, “And if you really want to get your purpose done, promise yourself you’ll spend ten minutes a day on your purpose. Which is much better than every three years spending a week on it… If you’re constantly thinking about your purpose everyday...That gets you really on track.” 

 

With a deeper understanding and an implementation of these 5Ps, one has the foundation to start on their entrepreneurial journey. Hopefully, we can be part of the community that chooses to take action by implementing these ideas. Let’s understand our Passions and discern our Purpose. Let’s think about potential Partners. Let’s have a loose Plan and be Persistent. Take 10 minutes reflecting on your 5Ps today!  



ENTREP Instagram: https://www.instagram.com/entrep_icu/

Event Report: Your Map and Compass <Kenja Corp. collaboration>

[Event Report: Your Map and Compass]

Writer: Nicolas Correa (ENTREP writer/Event Manager)

 

On March 11th, 2021, Entrep collaborated with Kenja to hold an online event that allowed participants to learn about values that would help them lead a meaningful life. 

 

Kenja is a software company founded in 2011 that offers a content management system dedicated to assisting businesses. It is an emerging company that is unique in Japan, and it is increasing its international presence. More recently, Kenja has been growing further by utilizing blockchains.

 

f:id:ENTREP:20210330200904j:plain          f:id:ENTREP:20210330200856p:plain

 Guest speaker Tomoki Fukasawa. Kenja

 

In this event, Kenja was represented by Tomoki Fukasawa, who started his sales career at Kenja a year ago. With Kenja, Tomoki was able to develop further and nurture his passions, which include connecting with people and having strong business connections. In addition to Kenja, Tomoki grows his business skills through his participation in the Japan Market Expansion Competition. 

 

The event was kicked off with an introduction by Entrep member Stiven Hirofumi. The torch was then passed to Tomoki, who talked about his career path, mentorship, and key values that he himself embraces.

 

f:id:ENTREP:20210330203537p:plain

Entrep Member Stiven Hirofumi MC’d the event. 

 

These values are called the 5Ps, which consist of Passion, Purpose, Partners, Plan, and Persistence. Kenja takes all of these values to heart in order to uphold one of its core missions, which is to respect the goals of each and every member of the company. Kenja saw this event as an opportunity to share the 5Ps as well as the entrepreneurial mindset with ICU students, who could use Tomoki’s advice as inspiration to build their own life plans. 

 

f:id:ENTREP:20210330200840p:plain

Tomoki shares his passion. 

 

On the topic of mentorship, one key takeaway from Tomoki’s talk was the idea of seizing opportunities. Tomoki emphasized that mentors are out there, and sometimes it is just a matter of taking the initiative to approach one. Tomoki also talked about finding potential mentors by asking yourself questions such as “What industry are they in?”, and “How will I meet them?”.

 

After Tomoki’s presentation, there was time for questions. This was followed by a networking session, where students could network not only with each other but with Tomoki and other Kenja members. 

 

Reflecting upon the successful event, participants had a plethora of positive feedback to give. One stated, “It was a very enlightening talk, and it made me want to have a specific long term plan.” Another participant stated that they were already starting to plan their own 5Ps. Furthermore, the meeting application that was used, called Airmeet, was applauded for being very easy to use and great for interacting with others. 

 

f:id:ENTREP:20210330200848p:plain

Members of Entrep & Kenja interact on Airmeets after the event. 

 

On April 7th at 19:00, the ICU community will have another opportunity to learn from Kenja, through another collaboration event, which will feature guest speaker Ted Katagi. Ted is the founder and CEO of Kenja, has 20 years of experience as an executive, and is a mentor figure to Tomoki. It will be an opportunity to deepen one’s understanding of the 5Ps.

 

Check out our Instagram, too!
ENTREP Instagram: https://www.instagram.com/entrep_icu/

「誰のために働くのか〜農業や農家が抱える課題の解決へ〜」井出飛悠人 - 後編 -

【今解決すべき課題を見極め、提供する解決策も転換していく】

 

f:id:ENTREP:20210325005057j:plain

 

━ここからはシェアグリの事業内容についてお聞きしたいと思います。設立当初に構想していたのは農機具のシェアリングサービスで、その後農家の方と働き手のマッチングアプリに転換したそうですが、どのような経緯で変更に至ったのですか?

 

井出:はじめに考えた農機具のシェアリングサービスは、農機具の中には年間で1、2週間しか稼働しないようなものもあるので、今必要な人と必要でない人をつなぎ合わせられるようなサービスがあればいいんじゃないかと思って始めました。しかし、より大規模な農機になってくると、故障した場合や、使いたいタイミングで所有者の人が使えなかった場合にどこまで責任を持てるか、といった話が出てきて、まだまだ会社の規模も小さかったので、全ての保険を網羅したり、対策を立てたりすることができませんでした。さらに、色々な農家さんに話を聞いてみると、今直近で一番困っていることとして、人手不足を挙げる農家さんが多かったので、直近でやるべきは人手不足を解決できるサービスなんじゃないかと思い、変更しました。

 

━ピボットの際に、サービスを変更することに不安や挫折感を感じましたか?

 

井出:そのときのピボットに不安や迷いはなかったです。正直、農機具のシェアリングが当たる、と最初から思ってやってきたわけではなく、たくさんある課題の中から、一つの課題にソリューションを提供してみて、うまくいかなければ別の課題に取り組む、という形で、試行錯誤を繰り返しながらピボットしていく、という進め方だったので、サービスの内容を変えることに対して挫折は感じなかったですね。

 

━最も必要とされているところに応えていこう、というむしろポジティブな転換だったんですね。その後、マッチングアプリのサービスも停止し、現在の人材派遣事業に切り替えたそうですが、どんな背景があって停止に至ったのでしょうか?

 

井出:アプリから今の事業にピボットする時は色々な葛藤がありました。アプリに関しては、色々な行政さんであったり旅行関係の会社さん、大手の会社さんが興味関心を持ってくださり、業務提携や協業をやらせていただいていたので、事業としては何かしら形にすることができるんじゃないかと思っていました。一方で、自分たちはそもそも農業の人手不足解消や人件費の削減を大きなコンセプトとして置いていたのに、外部からは地方や農業の関係人口創出が求められていて、進めていくにつれて自分たちのサービスもそっちの方に流されてしまっていました。外からの評価は良かったのですが、このまま続けていたら自分たちが解決したい課題に大きなインパクトを与えることはできないと思ったので、より強いインパクトを与えられるソリューションを考えた結果、アプリのサービスは停止して、今の事業をスタートすることにしました。

 

f:id:ENTREP:20210325005036j:plain

 

【国籍を問わず、コロナで失業してしまった人たちの雇用を支える】

 

━コロナによって事業にはどんな影響がありましたか?

 

井出:当初は海外の人材を採用して、自分たちの派遣スタッフとして日本で働いていただく予定でした。しかし、コロナで渡航も全くできなくなってしまったので、予定していた派遣人数がいったん0になったのが2020年の2〜4月あたりでしたね。たっていた売り上げ予定が一瞬で0になる、というのをコロナで経験しました。

 

━今はどうですか?その後何か変化はありましたか?

 

井出:飲食や観光業で失業してしまった日本人の方が多くいらっしゃったので、他の会社さんと業務提携をしながら、そう言った方々の雇用維持支援として人手不足の農家さんとのマッチングを行っています。また、日本国内にいた技能実習生で、コロナで失業してしまった方や帰国困難になってしまった方もたくさんいらっしゃって、日本人より難しい状況にいるんです。実習生は務めていた工場が倒産してしまったとなると、制度上今までは転職もできなかったですし、自分の実家に戻ることも渡航制限でできませんでした。そう言った方々を守るために特定技能外国人の制度が出されたので、我々はその制度を活用して、農業分野以外の実習生で失業してしまった方々のビザを変更して雇用し、人手不足の農家さんとマッチングしています。

 

━一度白紙に戻されつつもコロナ禍で新たなニーズを発見して、それに対応して事業を進めていたんですね。

 

井出:そうですね。年明けのときの想定とは全く違いましたが、どうにか環境に対応してやり方を変えながら進めてきました。

 

【大切なのは何をやりたいのかよりも、誰を楽にしたいのかということ】

 

━「傍を楽にする」という信念のもと、そのときに一番解決が求められている課題を事業を通して解決していく、という姿勢が印象的でしたが、今後もそういう姿勢で事業を進めていくお考えですか?

 

井出:そうですね。農業分野や農家さんの課題を解決していくことで「傍を楽にする」という考えはブレずにやってこれていますし、それ自体は変わらず今後も続けていきます。今は人手不足の解決に取り組んでいますが、まだまだ他の課題もあるので、様々な課題を連続的に解決していくような会社、または事業立ち上げをしていきたいと思います。

 

━以前よりも起業という選択肢が一般的なものになってきていますが、起業に興味があるけれど、なかなか一歩踏み出せないという人に対して何かアドバイスをいただけますか?

 

井出:人それぞれにはなりますが、自分は起業してみて、朝から晩まで働かないといけないし、やることは山積みだし、大変なことが多いものの、自分の人生を生きてる、ということを日々実感できていています。もちろん企業に所属しながら、自分のライフワーク的な働き方もすることはできると思いますが、起業家はそもそも自分のやりたいことを立ち上げて、自分が作りたい世界観のために日々生きているような形なので、本当に自分のやりたいことをできてるなと日々感じながら生きて来れています。起業するまでは色々な葛藤もあると思いますが、トライしてみて、ダメだったらダメでまた考えればいいし、まずは一歩踏み出してみることが大切なんじゃないかと思います。

 

━卒業後の進路を決めるにあたって、自分のやりたいことがわからない、と悩む学生も多いのですが、どんなアドバイスがありますか?

 

井出:やりたいことっていうのはやはり難しいなと思います。やりたいことっていうのは方法論だと思うんですが、私が大切にしている「傍を楽にする」っていうのは仕事を通して「誰を」楽にするかということなので、その仕事が自分が楽にしたい人のためにやってることだと考えると、楽しくやっていることだと思えるんです。その仕事が誰に向けてなのか、自分が仕事を通して誰を幸せにしたいのか、というところがふに落ちていればその後の仕事は言ってしまえば作業なので、何を選んでもそんなに変わらないと思いますよ。

 

井出さん、ありがとうございました!

取材 井上 海南子

文 井上 海南子

写真 井出さん提供

ENTREP Instagramhttps://www.instagram.com/entrep_icu/